公開日: 更新日:

【最大10万円】教育訓練給付制度を使って合宿免許に参加しよう

【最大10万円】教育訓練給付制度を使って合宿免許に参加しよう

教育訓練給付制度とは

教育訓練給付制度とは、雇用保険の一般日保険者または一般被保険者であった方が自ら費用を負担して、厚生労働大臣が指定する教育訓練講座を受講し修了した場合、教育訓練施設に支払った経費の一部が支給される雇用保険の給付制度のことです。

どこの教習所でも教育訓練給付制度が使えるわけではなく、あくまでも厚生労働大臣が指定した教習所の決まったコースでなければいけません。

給付を受けることができる方

◆在職中の方
雇用保険の加入期間が被保険者として3年以上の方
(初回の場合は1年以上あれば大丈夫です)

◆離職中の方
離職の翌日から受講開始までが1年以内で、かつ離職前に雇用保険の日保険者として3年以上の方

◆過去に給付を利用したことがある人
給付制度利用後の、日保険者として雇用期間が3年以上経過している方

給付額

受講生本人が支払った教育訓練経費の20%に相当する額を支給してもらえます。

支払った料金から宿泊費・検定費用などを差し引いた金額(給付対象額)になります。
教習所ごとに金額が変わってきますが、最大で10万円の給付をいただけます。

給付申請から支給までの流れ

ハローワークにて支給要件照会
住んでいる住所を管轄するハローワークで『教育訓練給付金支給照会票』を記入して提出します。
その際には本人確認書類が必要になります。

本人確認書類
運転免許証・国民健康保険被保険者証・雇用保険受給資格者証、のいずれか1つと印鑑・雇用保険被保険者証

照会結果はハローワークから発行される『教育訓練給付金支給要件回答書』により受講条件を満たしているかが確認できます。

インターネットから合宿の申し込み
ハローワークから発行された『教育訓練給付金支給要件回答書』で受講条件を満たしていることが確認できたら、インターネットから合宿の申し込みをします。

ハローワークへ給付金の申請
合宿免許を卒業したら、1ヵ月以内に『教育訓練終了証明書』をハローワークに提出し、給付金の申請を行ってください。

ハローワークへの申請後、約7日~10日で預金口座へ給付予定額が振り込まれます

合宿免許卒業から1ヵ月を過ぎると給付が受けられなくなるので注意してください。

教育訓練給付制度を実施している教習所一覧

教習所名を選択するとその教習所の口コミや合宿特典が見られます。

地域教習所名
福島県南湖自動車学校
新潟県水原自動車学校
秋田県横手自動車学校
秋田県秋田北部自動車学校
秋田県能代モータースクール
山形県マツキドライビングスクール太陽校
山形県マツキドライビングスクール米沢松岬校
山形県マツキドライビングスクールさくらんぼ校
栃木県マツキドライビングスクール赤湯校
栃木県さくら那須モータースクール
栃木県那須自動車学校
新潟県水原自動車学校
新潟県マツキドライビングスクール新潟西しばた校
広島県備南自動車学校