公開日: 更新日:

合宿免許と通学免許のメリットとデメリット!あなたはどっち派?

合宿免許と通学免許のメリットとデメリット!あなたはどっち派?

合宿免許と通学免許

自動車の免許を取る方法には大きく合宿免許と通学免許があります。

合宿免許とは2週間ほど教習所の近くの宿舎に宿泊し朝から晩までみっちり2週間教習を行い、免許を取る方法です。

通学免許とは、自分の空いている時間で自宅から教習所まで通い一日1〜2時間ほど教習を行い3ヶ月〜6ヶ月ほどで免許を取る方法です。

少し前だと通学免許が主流でしたが2017年現在では合宿免許で免許をとる人が増えてきています。

合宿免許、通学免許どちらにもメリット、デメリットがありますので比較してあなたに適したほうを選ぶとよいでしょう^^

合宿免許のメリット

  • 短期間で免許がとれる
  • 思い出が作れる
  • 料金が安く抑えられる
  • 特典が受けられる
  • 出会いの可能性が高い
  • 国内旅行傷害保険がつく

合宿免許のデメリット

  • 自由時間が少ない
  • 相性の悪い教習所(教官)の可能性もある
  • 親の同意が必要(未成年者)

合宿免許メリット、デメリットまとめ

私も合宿免許で普通自動車免許をとりましたが、合宿免許のメリットはなんと言っても短期間で免許がとれる点でしょう!

2週間ほどで国家資格が手に入るなんて素晴らしいシステムです

ただ、合宿免許で失敗だと感じている人で多いのは相性の悪い教習所や教官で合宿生活を過ごすことです。教習所にもよりますが、入校から卒業まで一人の教官が指導してくれる担当性のところもありますが、この教官が相性の悪いヒステリックな教官だったら目もあてられませんよね。

幸い私は相性の良い教官だった為、非常に満足の高い合宿生活が送れました。

こうゆう失敗をしない為にも、教習所の口コミをよく確認する必要がありますね。

また、合宿免許では未成年者は親の同意が必要になります。親が自動車免許に対して後ろ向きな人であれば説得するのが大変になるでしょう。

遠くへ旅行して教習を受ける時の万が一の事故に備えて、傷害保険が付与されるので安心して教習に励むことができます。
家を出発した時から家に合宿終了時まで補償してくれます。

通学免許のメリット

  • 空いている時間で教習ができる
  • 頑張れば1ヶ月ほどでもとれる可能性がある
  • 担当教官や教習所の変更が簡単

通学免許のデメリット

  • 長期間教習所に通わなくてはならない
  • 急なスケジュールの変更でキャンセル料などが発生することがある
  • いちいち授業の予約をしなくてはならない

通学免許メリット、デメリットまとめ

通学免許はなんと言っても長期間教習所に通わなくてはならないのが一番のデメリットポイントですね。
今は朝早くから夜の10時頃まで教習所はやっているので学校終わり、仕事終わりに頑張れば一ヶ月ほどで免許をとれる人もいますが、結構大変です!

また、学生が休みの時期になる3月、7月、8月は教習所も人でごった返すことになり、授業の予約もスムーズにできなくなります。

また人間、自分のペースで、なんて考えるとつい怠けてしまって寝坊してしまったり、他の予定とダブルブッキングしてしまったりする事もありますよね。
検定のキャンセル料は1,000円程度かかってくるので、キャンセルが重なると出費も大きくなってしまうので注意が必要です。

ただ、自分のペースでゆっくりでいいから免許をとりたいって方には通学の方が向いていますね
通学免許だと平均して半年ほどで免許をとるって方が多いですね。

合宿免許と通学免許を比較すると

合宿免許、通学免許どちらにもメリット、デメリットがあるので一概にどちらが良いということは出来ません。

短期間でババッと免許をとりたい方であれば合宿免許のほうが性に合っていますし、自分のペースでゆっくり免許をとりたいという方には通学免許の方が性に合っています。

ただ社会人になってからだと合宿免許も通学免許もとりづらくなってしまうので、できれば学生のうちに免許はとっておいたほうがよいですね
合宿免許、通学免許、手段はどちらでも構わないと思います^^

自分の性に合った方を選びましょう。